「妊娠性貧血」は他人事じゃない!

スポンサードリンク

 

妊娠中に数回行われる血液検査。
これは感染症や貧血の有無、妊娠に影響する病気がないかを調べる重要な検査です。
今回は、どの妊婦さんにも起こりやすく、また発見されやすい〝妊娠性貧血〟についてお話します!

 

妊娠性貧血とは

妊娠性貧血とは、主に血液が薄まっている上に鉄分が不足している状態のことを言います。
妊娠中に血液の量が増えるのは周知の事実ですが、それによって水っぽく薄くなっている状態です。
赤ちゃんの栄養や酸素はお母さんの血液から優先的に送られるため、より多くの鉄分を要し、お母さんの血液は鉄分不足になりがちなのです。
軽い貧血程度なら問題ありませんが、重症だと分娩時に出血量が多くなる場合もあり、出産後の体調回復に時間がかかります。

妊娠性貧血と診断される基準は、ヘモグロビン濃度が11g/dl未満ヘマトクリット値が33%未満の場合です。
血液検査を受けた時は、しっかりと検査結果を聞き意識するようにしましょう。

 

原因は何?

妊娠すると血液の量は増えますが、血液中の赤血球が増えるスピードが追い付きません。
そのため血液が全体的に水っぽく薄まり、これが貧血状態に……
赤ちゃんの成長には鉄分が重要不可欠で、優先的に送られるため母体はどうしても鉄分が不足しがちになってしまいます。
しかしこれらは妊娠による影響の範疇であり、決して大きな問題はありません。
ですが多くは無自覚、無症状であるため、気付かない内に重症化してしまう妊婦さんが多いのも現実です。

 

母体と胎児への影響

母体が貧血になっているからと言って、胎児が貧血になることはありません。
症状が出始めるほどの貧血状態にならない妊婦さんがほとんどですが、重症化した場合は疲れやすくなったり、出産の時に影響する場合があります。
また産後の体調回復が遅くなったり、母乳が出にくくなることもあるため、妊娠中に改善することをお勧めします。

 

治療法・改善法

14

貧血と診断された場合は、鉄剤が処方されます。
しかし飲んだ後に胃の調子が悪くなったり、便秘や下痢になるなどの副作用も……
鉄剤が身体に合わないという妊婦さんは、すぐにお医者さんに相談しましょう。
経度の貧血であれば食事療法を指導されることも多いです。
普段の食生活を改善することによって、毎日継続的に鉄分を摂取していきましょう。

そこで、貧血を防ぐ栄養素を紹介します!

赤血球の成分であるヘモグロビンの原料。
肉や魚などの動物性食品に含まれる鉄分の方が、野菜や穀物に比べて吸収率がアップします。

 

タンパク質

鉄の吸収を助けます。
鉄と結びついて、ヘモグロビンを生成する働きも!
納豆豆腐などの大豆食品乳製品などに多く含まれます。

 

ビタミンC

鉄と一緒に摂取することで吸収率アップ!
ブロッコリートマトピーマンなどの緑黄色野菜や、キウイいちごレモンなどの果物にも多く含まれています。

 

ビタミンB6

タンパク質の合成を助け、ヘモグロビンを生成する働きがあります。
バナナ鶏ささ身肉などに多く含まれます。

 

ビタミンB12

葉酸とセットでヘモグロビンの生成を助けます。
さんましじみはまぐりなどに多く含まれます。

 

葉酸

ビタミンB12とセットでヘモグロビンの生成を助けます。
ブロッコリーほうれん草などの緑黄色野菜や、キウイに多く含まれます。

 

最後に

15

妊娠性貧血は決して他人事の病気ではありません。
今まで貧血になったことない方でも、突然発症する場合があります。
自覚症状もほぼなく、血液検査で突然申告された妊婦さんも多いでしょう。
しかしこれらは全て食事で改善できます!
妊娠中でも鉄剤の服用はOKですし、しっかり意識すれば決して怖い病気ではありません。
日頃の食事を意識しながら、楽しいマタニティライフをおくりましょう!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク