妊娠初期の出血……大丈夫?原因と対処

スポンサードリンク

 

妊娠中、出血があるとびっくりしますよね。
かくいう私も、妊娠8週目辺りで出血がありました。
茶色いおりもののような出血でしたが、大パニックになって病院に泣いて電話するなどとても怖かったです。
しかし、妊娠初期の出血は決して珍しいことではありません。
心配のない出血も多く、出血の原因を知ることで正しく対処していきましょう!

 

出血の原因

妊娠すると、子宮粘膜に充血が起こりやすくなるため、出血を起こすことがあります。

特に、鮮血ではない茶色いおりものの場合。

これは随分前に子宮内で出血していたものがおりものと一緒に出てくる、古い出血です。
既に出血し終わっているものと考えてよいので、慌てず病院に連絡しましょう。

しかし中には流産や子宮外妊娠など、重要なトラブルの兆候である可能性もあります。
そういった場合の出血は鮮血であることが多いのですが、出血の色や量に寄らず、出血そのものが見受けられたら必ず医師に相談をしましょう。
たとえ出血があっても、診察して胎児の心拍が確認できればまず問題はありません

 

心配しなくていい出血の原因

着床出血

受精卵が着床するとき、稀に出血することがあります。
受精卵の絨毛が血管を傷つけてしまった時に起こる出血で、問題もなければ治療の必要もありません。

 

絨毛膜下血腫

胎盤が作られる過程で、新しい血管が増えて行きます。
その中で子宮に血の塊が残ってしまうことをいい、胎盤が形成される安定期までには出血が収まります。

しかし、出血の量が多かったり、お腹の張りがある場合などには安静を指示されることもあるので注意しましょう。
切迫流産と診断されることもありますが、安静以外に特別な処置はありません。

 

子宮膣部びらん、膣炎

これは妊娠中でなくとも炎症を起こしたり、ただれて不正出血を起こす場合があります。
おりものに血が混じる程度の出血がほとんどで特別な治療はありません。
炎症を起こしている場合は薬が出ることもあります。

 

子宮頸管ポリープ

子宮頚部にできる良性のポリープです。
痛みはなくほぼ無症状ですが、発覚した場合は妊娠中に切除することもあります。
放っておくと流産や早産の原因になることもありますが、切除すればほぼ問題ありません。

 

危険な出血の原因

胞状奇胎

妊娠初期には胎盤のもとになる絨毛が作られますが、この絨毛が増殖してしまう病気です。
受精卵に異常がある場合が多く、妊娠も継続はできません。
絨毛がんになる可能性もあるため、しばらくは検査や治療が行われます。

 

子宮外妊娠

受精卵が子宮以外に着床してしまう現象です。
卵管に着床している場合が多いですが、それ以外の場所に着床していることもあります。

子宮以外の場所で赤ちゃんは育たないので自然に流産する形になりますが、そのまま受精卵が成長してしまった場合、卵管や卵巣が破裂します。
破裂すると大量出血など母体も危険な状態になるので、激しい痛みを伴う出血がある場合はすぐに受信しましょう。

 

出血が見受けられたら

どんな色、量でも必ず病院に連絡しましょう。

心配ない出血がほとんどとはいえ、自己判断は大変危険です。

出血の状態(色、量、いつから、臭いなど)を的確に伝え、それ以外に不調(張り、腹痛、吐き気)がないかを連絡します。
診療時間外や夜中でも、遠慮することはありません。

特に激しい腹痛や真っ赤な鮮血の場合は緊急を要するものもあります。
例え痛みを伴わない少量の出血でも、心配のし過ぎでストレスを感じては元も子もありません。
連絡するときは慌てないよう、冷静に状況を判断して報告しましょう。

 

最後に

24

妊娠中は様々なことで不安になると思います。
出血なんてトラブルは、特に不安感を煽ります。
私も出血したときは「流産した!」と思ったほどで、パニックになり病院側には大変迷惑をかけました^^;

出血=流産では決してありません。

ストレスも母体にはよくありませんし、心配しすぎないよう、自分で考え込む前に病院に連絡しましょう。

心配のし過ぎで受診回数が多い……
診察時間外だし……

そう思われる妊婦さんもいるかもしれませんが、受診して元気な我が子の姿を確認し、自身の不安を取り除くのも母親の役目です。
赤ちゃんのためにもお母さんが不安で無理をしないように、異常が見受けられたら慌てず病院へ!
お腹の赤ちゃんを信じて頑張りましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク