妊娠中に手がしびれる?――何かの病気?赤ちゃんに影響は?

スポンサードリンク

 

妊娠中に手がしびれる、という体験をした妊婦さんはいらっしゃいませんでしょうか?

ちなみに私は、妊娠後期に入ってからほぼ毎日明け方に手がしびれるようになりました。

おかしいな?と思ってぐーぱーぐーぱーと手を閉じたり開いたりすると次第に収まってくるんですが、毎日しびれると不安になりませんか?
寝方が悪かったかな?腕を下にして寝てたかな?とも思ったんですがどうやら違う……

あとふとした時、洗濯物を干している時や、ご飯を食べる時も時々しびれることがありました。

さて、ではどうして手がしびれるのか。
病院でも相談した結果、しびれの原因は様々あるそうですが、一番可能性の高い原因について説明を受けました。

妊娠中の体重増加や浮腫が原因で起こる〝手根管症候群〟という病気について、今回は説明したいと思います。

 

手根管症候群って?

手根管症候群とは、手首付近の正中神経が慢性的に圧迫されることによって、手の痛みやしびれが起こる病気です。

このしびれや痛みは明け方強く、目を覚ます事によってそれを自覚します。
初期の段階では主に人差し指と中指が、しかし最終的には親指から薬指まで4本の指がしびれます。
手を振ったり指を曲げ伸ばしすると楽になるのが特徴ですが、中には症状が悪化して細かい動作が困難になる場合もあります。

 

原因は?

症状はほとんどが突発的で原因不明とされています。

妊娠・出産期や更年期の女性に多いのが特徴ですが、骨折などの怪我、仕事やスポーツによる手の使い過ぎ、透析をしている人にもこの症状が出ます。

妊娠中は、急激な体重の増加浮腫が原因で発症すると言われており、女性ホルモンの乱れによる滑膜性の腱鞘のむくみが原因と考えられている事も多く、手根管の内圧が上がる事によって、圧迫に弱い正中神経が扁並化して症状を産み出すと考えられています。

 

母体や胎児への影響

手根管症候群は胎児に悪影響を与えるような病気ではありません。
母体にも重篤な病気ではなく、産後には症状が消える一時的なものがほとんどです。

 

治療法は?

手根管症候群には、様々な治療法があります。

妊娠中に生じた手根管症候群の場合は、産後には治る場合がほとんどなので塗り薬湿布が処方されます。
他にも手関節を安静にする指示が出たり、ビタミンB12の内服を勧められたりします。

ですが、自己判断はせず必ず医師に相談するようにしてください。
塗り薬や湿布も妊婦には悪影響のものも多いので、必ず病院で処方されたものを使用するようにしましょう。

 

予防や対策

基本的には、体重管理をしっかり行うことが予防になるとされています。
妊娠中の手根管症候群の原因は、急激な体重増加と浮腫と考えられているため、それらを予防することによって発症するのを防ぐことができます。
また塩分の取り過ぎにも注意で、食生活を見直してみることも大事かもしれません。
身体を冷やさないことも予防に繋がると言われています。

 

最後に

26

いかがでしたでしょうか?
毎日毎朝手がしびれると不安ですよね。
ですが赤ちゃんには影響のない症状のようですし、産後は治る場合がほとんどだと聞いて安心された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
あまりにしびれや痛みが酷い方は、一度医師に相談しましょう。
あとは身体を冷やさないよう、手首を安静にしながら様子を見てみてください!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク