妊娠中はどうして太る?体重増加による危険性

スポンサードリンク

 

妊娠したら、体重ってどうしても増えますよね。
人によっては、初期のつわりでガクンと落ちるんですけど、それが回復すると目も当てられないことに……(・ω・`)

えぇ、そうです。
私がそうでしたorz

でも妊娠後期になると更に増えるんです。
むしろここからが本番なんです!!

さて、妊娠中はどうして体重が増えるのか。
そしてその危険性についてお話したいと思います。

 

原因

妊娠中の体重増加は半ば必然的なことなのです。
その目安としては、妊娠前の肥満度(BMI)によって異なりますが、大体約8kg前後。
その内訳は、

・胎児の重さ→約3kg
・胎盤の重さ→約0.5kg
・羊水、血液の重さ→約0.5kg
・成長する子宮・乳房の重さ→約1kg
・皮下脂肪の重さ→約2kg

これらで合計約7kg。
赤ちゃんの重さや羊水・血液量による誤差が出ても、
大体8kg程度の体重増加が理想とされています。

 

水分・血液の増加

妊娠初期の段階から、まずは血液量が増加します。
これは赤ちゃんに血液を循環させるためのもので、また、女性ホルモンの影響で体内に水分を溜め込むべく浮腫やすくなります。
初期の時点で身体の中の水分と血液量が増え、体重の増加はこの瞬間から始まっています。

 

妊娠中は身体に脂肪がつきやすい

妊娠中は、ホルモンの影響で身体に脂肪がつきやすくなります。
これは「皮下脂肪」で、大きくなる子宮を支えたり、転倒や物にぶつかったときの衝撃から赤ちゃんを守る作用があります。

皮下脂肪は落としにくいので有名ですが、赤ちゃんを守るためには必要なもの。

お母さんとしての本能が、お腹に脂肪を蓄えようとするのです。

 

胎盤の完成・胎児の成長・羊水の増加

妊娠中期になると胎盤が完成してきます。
赤ちゃんも少し大きくなって、羊水量も増加します。
この時期は乳房も成長し始める人が多く、それらが体重の増加となって現れるのです。

胎児はこれからますます大きくなりますし、羊水も増えれば乳房だってまだまだこれから。

体重……増えてきた、と自覚するのは、大体皆さんこの辺じゃないでしょうか?

 

その他の要因

上記のように必要な体重増加以外にも原因はあります。
これはお母さんの体調管理次第で防げるもので、ではどんなものがあるか、見て行きましょう。

 

便秘

2日に1回便が出ていればまだ良い方です。
しかし酷い人は4日に一回しか出なかったり、コロコロと硬い便が出るだけの人もいるかもしれません。

便秘になると脂肪がつきやすくなるって、ご存じでしたか?
食べ物の消化に時間がかかり、糖分や脂肪を余計に吸収しやすくなるのです。
それらが全て脂肪として表れ、体重増加に繋がります。

もちろん腸の働きが弱くなっているということなので、基礎代謝も低下します。
消費できるカロリーも低くなり、今までと同じ食事をしているのに太るという事態になってしまう方も……

便も溜まれば溜まるほど体重に重さとして出てきますし、便秘で良いことは一つもありません。
体重とは関係ないですが、痔にも注意しましょう><

 

ストレス

妊娠中はストレスがたまりやすいです。
しかしストレスは、実は基礎代謝を低下させてしまうことがあり、自律神経を乱して腸の動きもにぶらせます。

ストレスが溜まると食に走る人が多いのも現代人の傾向……

高カロリーのものを食べすぎて太る、なんてのは昔からあることですね。

 

冷え性

身体が冷えると血流が悪化します。
老廃物も堪りますし、浮腫となって現れる方も……

体温が低ければその分エネルギーも使いませんし、これもまた代謝が落ちる原因に。

身体は冷やさないよう、しっかり対策しましょう!

 

食べ過ぎ

辛かったつわりが終わったからって、食べ過ぎていませんか?
赤ちゃんのために二人分の栄養を摂らなきゃ!なんて食べてませんか?

食欲が増すことによって体重が増える妊婦さんも大勢います。
女性の消費カロリーは平均1600kcalと言われており、妊娠中は2000kcalまで大丈夫と言われています。
しかし今まで食べていなかったのに突然食べるようになれば、それは体重となって現れ、気がついた時にはプラス〇kg……なんて、怖い話ですよね。

食事は大事です。栄養はしっかり摂取しなければなりません。

しかし食べ過ぎは良くないです。
食生活はしっかり見直しましょう!

 

太ることによっての影響

妊婦さんの太り過ぎは危険です。
太り過ぎ、というより、急激な体重の増加が危険なのです。

赤ちゃんが出てくるときに通る産道、ここに脂肪がつきすぎると難産になりますし、出てくる赤ちゃんも苦しい思いをします。
難産以外にも合併症や、妊娠中毒症になる可能性も……

特に浮腫んできたというお母さんは要注意です!
浮腫は妊娠中毒症のサインとも言われており、進行すると、胎盤の機能が低下します。

高血圧の影響で血液の流れが悪くなり、
必要な栄養や酸素を赤ちゃんへ送ることができなくなってしまいます。

そのため発育不全を起こしたり、常位胎盤早期剥離などのトラブルが起こる可能性もあります。

他にも妊娠糖尿病妊娠高血圧症候群という病気になったり、母体にも胎児にも危険な状態になることがあります。

 

妊娠高血圧症候群ってどんな病気?原因と治療法

2016.04.19

妊娠糖尿病って?原因・症状・改善法

2016.04.18

 

お母さんの体重管理は大事!

40

妊婦健診では、よく体重のことについて言われると思います。
あまり口うるさく言われるのも辟易すると思いますが、とても大事なことだというのは理解してください。

今後のお母さんの生活の仕方によって、赤ちゃんの成長が決まります。

楽しいマタニティライフだって、病気で影を落とすようなことはしたくありません。

自身の生活や体調を見直して、しっかりとした体調管理を心がけてください!

もう既に体重増えてる!!やばい!という方は、医師に相談してダイエットに挑戦してみてはどうでしょうか?^^
妊娠中にできるダイエット方法なども紹介していますので、気になる方は是非見てください♪

 

太りすぎ!?妊娠中の体重増加……ダイエットしたい!

2016.04.22

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク