7月8日に無事出産することができました。

スポンサードリンク

 

産まれました。

 

育休中オタクブロガーに昇格したこぼれです(`・ω・´)
7月8日に無事出産し、先日13日に母子ともに退院しました。

今日からまたブログを更新していきます(´∀`)

 

予定日超過8日目の七夕

7月7日 AM5:02
早朝ふっと目が覚めてもそもそとトイレへ……

が、ベッドから起き上がった瞬間に妙な違和感が(・ω・`)
じょろじょろ~っと股から何かが流れた感覚に、「やべぇ、尿漏れした」と朝から猛烈ブルーになる(-ω-)

そのままトイレへ直行しましたが、便座に腰を下ろした瞬間「バシャー」っと勢いよく飛び出す……尿???(´゚д゚`)

尿にしては勢い良過ぎないかとトイレットペーパーで拭くも、べったりついた真っ赤な血に―――

 

こぼれ
(˙.˙)!?

 

「こ、これが〝おしるし〟ってやつか!?(˙.˙)」と軽くパニックになりながらも、とりあえずナプキンを付けてトイレから出ると……

じょろじょろじょろ~~っと再度尿漏れ。

 

――これ尿漏れじゃねぇ!(´゚д゚`)破水や!!!

 

気付くの遅すぎワロリッシュ。
即効病院に電話して旦那さんを叩き起こしました。

これ、七夕生まれワンチャンあるで!!!!とぶっちゃけ上がるテンション。

陣痛は始まっていませんでした。
生理痛みたいなお腹のだるさはあるけど、規則的でもないし痛くもない。

あーやっと産まれる(・∀・)くらいのテンションでしたね。

この後、地獄を見ます。

 

病院にて

病院に着いた時も痛みらしい痛みはありませんでした。
ただ、だらだらと股から水が出てくる感覚だけがあります。

朝の5時に破水して、病院に到着したのが7時半だったので救急外来の方から入りました。
そのまま産科に通され検査の末、やっぱり破水しているとのこと。

しかも結構量が出ているということで、LDRに通されました。

 

LDRとは

LDRとは、陣痛分娩室のことです。

陣痛:Lador
分娩:Delivery
回復:Recovery

これらの頭文字を取ってLDRと呼ぶんだとか。
普通のお産は、陣痛は陣痛室で、いざ出産という段階になってから分娩室へ移動するそうです。
ですがLDRでは、陣痛から分娩、分娩後の回復時間(2時間)を全て一緒に行える部屋になっています。

 

陣痛待ち――が、起きない。

破水してから24時間以内に陣痛は起きると言われています。
起きなかった場合は陣痛促進剤を使うことになるのですが、破水とは赤ちゃんを包んでいる膜が破れて羊水が流れ出す状態を言うので、陣痛を起こさないと細菌感染の恐れがあります。

そのため8日の朝までは陣痛を待つが、それまでに来なかった場合は促進剤を使いますという説明を聞いて一旦待機(・ω・`)

待てども待てどもこない陣痛に、LDR室でおにぎりを貪る(
お昼前にはLDRを出され、入院病棟に移されました。

とりあえずここで陣痛を待ちましょうか(・ω・`)と看護師さんに言われ、病院食の昼食さへもぺろりと完食。

 

こぼれ
七夕生まれは無理かなぁ……
旦那
まだお腹痛くないん?(´・ω・`)
こぼれ
生理痛くらい(˙.˙)

 

ぶっちゃけ昼寝しそうになりました。

 

異変は突然に

なんかおかしいな、と思ったのは午後2時を過ぎた頃。
うとうとしながらベッドに転がっていたのですが、時々無性にお腹が苦しくなることがある。
ちょっと重い生理痛みたいな痛みが4分間隔。
でも時々10分になったりとか、不定期ではあるものの何かどんどん辛くなってきた。

時折看護師さんが、赤ちゃんの元気度と子宮の収縮を確認するモニターを付けてくれるのですが、「まだまだみたいですね(・ω・`)」とつれない返事。

この時点で割と心折れそうなくらい苦しかったです。

痛いと言うより苦しい。

顔にタオルを被せてひたすら耐えていました。

 

再びLDRへ

再度LDRに入ったのは午後18時。
担当医の先生が様子を見に来てくれました。

 

担当医
大丈夫ですかねぇ?苦しそうやけど(・ω・`)
こぼれ
先生……お腹痛いです。
担当医
ちょっと内診してみようか(・ω・`)子宮口どれくらい開いてるか見るから

 

子宮口は全開が10cmです。
全開してようやく出産なんですが、もう7cmくらい開いてるんじゃね?ってこの時思ってた。

 

担当医
2cmやね(・ω・`)
こぼれ
そうですか……(しにたい)

 

誰だよ、7cmくらい開いてるんじゃね?とか思ってた奴

 

恥ずかしくて誰にも言えねーよ。
何だよ、2cmって。
妊婦健診で「4cm開いてますね」って言われちゃうご時世に、ちょっとお腹の痛みが苦しいからって2cmを7cmと勘違いする馬鹿は何を隠そうこの私です。

 

担当医
明日の朝までに産まれなかったら、陣痛促進剤を使いましょうね。今日はこのまま自然に様子見しましょう。
こぼれ
すみません、正直もう産みたいです。(苦しい)
担当医
あはは(笑)明日の朝まで頑張ろうね

 

まだ18時なんですけど。

 

あと12時間?死ぬわ。

 

本陣痛がきた

夕食が出ましたが食べられませんでした。
痛くて苦しくて、ぜぇぜぇ言いながらベッドに横たわる。

時折いきみたくなるような感覚に見舞われます。
絶対いきんじゃダメですからね、と言われていてトイレに行っても苦しいだけ。

これが本陣痛だ!っていうのは分かりませんでした。
ずっと痛いやら苦しいやらで規則的かどうかなんて測れないし、ぶっちゃけもうこの時どうでもよかった。

 

22時半頃に再度、看護師さんが子宮の収縮を見るためモニターを。
「ちょっとお腹張ってきてきてますね」と言われましたが本人にはさっぱり分からず。

とにかく苦しいんです。
めちゃくちゃやばい便秘みたいな苦しみ。
動けないレベルの生理痛と便秘が一気に襲いかかってきているような感覚です。

ひたすらに苦しい。

時折旦那さんがお茶を飲ませてくれました。
ストローでそれを吸う力もほとんどありませんでしたが、何とか水分補給をしつつまた無限の苦しみへ……

 

自覚もないままようやく子宮口が開く

知らない間に日付は超えていました。
「やっぱり七夕生まれ無理だったか」って思った記憶はあります。

でももうそんなことどうでもいいくらい苦しくて、早く朝になって促進剤打ってくれないかなってレベルに。

日付変わった直後くらいに、助産師さんが「内診してみましょうか」と子宮口の開きを見てくれるように。

 

こぼれ
(4cmくらいになったかな……これで変わらず2cmだったら泣こう)

 

結果がある意味恐怖でした。
こんなに苦しいのに、一体いつまで我慢すればいいのかと。

助産師さんも「4cmくらいになってたらいいですねー」と他人事で、ぐりぐりと触診されます。

 

助産師さん
え?凄い……

 

何が???

 

呟かれた単語に心の中で突っ込むことしかできない。
声が出せないんです。そんな体力微塵も残っていないんです。

 

助産師さん
凄いですよ!もう6cm開いてます!!

 

凄いですね、頑張ってますね、と興奮気味の助産師さん。
一方こぼれ――

 

こぼれ
まだ6cmかぁ……

 

こちとら早く全開にして産みたいんです。

 

いざ出産へ

陣痛は段々痛くなってくるらしいですが、私にその感覚は分かりませんでした。
多分苦しさが麻痺してたんでしょうね。
ずっと痛いから、それが強くなってるとかほとんど分からなかったんです。

ただ子宮口が6cm開いていると言われてから、お腹につけっぱなしだったモニターが酷く邪魔で……

正直外してほしい。
トイレ行って気分転換したいと思っていました。

お腹の張りも、あんまり変わっているように思えない。
これは朝になるな、なんて思っていた午前1時に、ちょっと事態が動き始めます。

 

午前1時頃。
前の内診から約1時間後に、「夜の担当です」と新しい助産師さんが挨拶に来てくれました。
担当交代しますからねーと言われて、「よろしくお願いします」と言えた自分は偉いと思っている本当に。

確認のためもう一度内診させてください、と言われて触診されたんですが……

 

助産師さんNew
あれ??

 

今度は何だ

 

助産師さんNew
全開してる……?

 

まじでか

 

正直やったって思いました。
やっと産めるって思いました。

旦那さんが慌てて携帯取り出すのが見えました。
私の両親に連絡していたそうです。

その後別の助産師さんが慌てて入って来て、再度内診。
やっぱり全開しているということで、バタバタと分娩の準備が始まりました。

 

「もういきんでいいですからね!赤ちゃんを降ろしましょう!!」

そう言われて、お腹が苦しくて堪らない状態から必死にいきみました。
いきんだというより、いきまない我慢を止めた感じです。

まぁどっちにしろ痛いし苦しくてつらいんですけど。

バシャアアアとがんがん羊水が出て行く感覚がしました。
フー!フー!とひたすら息を吐いて、痛みを我慢して、とにかく助産師さんの言うことを聞くのに必死。

この日は丁度出産ラッシュだったようで、両隣のLDRも埋まっているようでした。
何でわかったかって?

めっちゃ声が聞こえるんですよ。

 

右隣
ギャアアアアアアアアアア
左隣
痛いいいいいいいいいい!!!!!

 

こぼれ
(なにあれ怖い)

 

凄い絶叫、泣き声がずーっと聞こえてくるんです。
私もあれくらい叫ぶくらい痛い時がくるのか、と眩暈がしました。

ってことは産まれるのってまだまだ先?

分娩の準備をしてくれていた数人の助産師さんが、「あっち大変だから」とぞろぞろ出て行きます。

室内には私と旦那、一人の助産師さん。
マンツーマンで「吸ってー吐いてー……そうそう上手ですよ!力いれてみてください!」との指導入り。

ずっとフーフー言ってました。文字通りフーフー。
だって痛いんだもん!ひたすら息を吐いてましたね。

 

助産師さんNew
赤ちゃんの頭、もう見えてますよ!!もう少しです!!

 

髪の毛しっかり生えてますね~。

そんな言葉を聞きながら、いきむのが痛い痛い。
股裂ける!!ってなってました。
実際裂けたんだけど、出産は裂けないことの方が少ないんだけど。

「旦那さん、ナースコール押してもらえますか?」という助産師さんの指示で、その後すぐお医者さんと助産師さんが数名入って来られました。
私の担当医は別の妊婦さんを担当しているらしく、「今日の当直です、よろしくお願いします」との挨拶に「よろしくお願いします」と返事出来た私は偉い。本当に偉い。

 

助産師さんNew
次に精一杯いきんだら、もういきまなくていいのでリラックスしてください!!

 

もういきまなくていいの?
よく分からない指示でしたが、逆らうこともなく精一杯いきみ―――――

 

助産師さんNew
いいですよ!!もうリラックスして!!!!!!

 

ずるん、って出ました。

 

7月8日 AM:3:21 男の子を出産

両隣の悲鳴は続いていました。
産まれてきた我が子も泣いていました。

頑張りましたね!
おめでとうございます!!
まだ処置してますから、そのままリラックスしていて!!

誰がどの言葉を言っていたかは覚えてないですけど、「あー、終わったーーーーーー」っていう解放感がやばかったです。

 

7月8日 AM:3:21 3122gの男の子でした。

 

旦那
見てみてこぼれちゃんwww頭の形がエイリアンみたいだよwwwwwwww

 

立ち会い出産だった旦那の空気の読めなさは天才的です。

 

ってか見えねーよ。
赤ちゃん見えねーよ。

こちとらまだ、裂けた部分縫われてるんだよ!!!!

産道が狭かったんでしょうね。
頭の形が少し長かったみたいです。
その内普通の形になるようですが、生まれたばかりの子どもの姿に旦那さんは興味津々。

両隣の悲鳴は続いています。

なんかおかしいな。なんで私が先に終わってるんだ。

 

助産師さん
最初から最後まで、こんなに無言というか静かな妊婦さんはほとんどいませんよ。

 

静かなお産だった模様。

 

鼻からスイカを体験してみて

 

しんどかった

 

泣いたり叫んだり暴れたりなんて、そんなことはしなかったけどしんどかった。

産まれた子どもは可愛いです。
現在絶賛育児真っ最中で、寝れないし疲れるけど可愛いです。

これが自分のお腹の中にいたのかぁって思うと信じられません。
人体の不思議ですね。

出産しました!感動しました!また産みたいです!!!!!って感覚より、「やっと終わった……」っていう達成感の方が強い(笑)
私の10ヶ月は終わってしまいました。
4年間の不妊治療も終わりました。

大事なのはむしろここからで、まだ生後1週間程度ですが早くもてんてこ舞い。

産後のトラブルだってまだ続いています。
そう考えると終わっていないかもしれない(笑)

 

長かった…………

長かったけど、終わってみると一瞬だ。

私の妊娠・出産は、こうして終わってしまいました。
楽しいこともあったけど、しんどいことも多かった。

むしろしんどいことの方が多かった(笑)

あぁでも子どもは可愛いです。
頬っぺたぷにぷにで……小っちゃいのに全身で暴れます。

ひざうらを撮らせてくれません。

 

出産への不安は沢山ありました。
でも終わってみればひとしおです。

今後は育児の不安。
母乳とかミルクとか、育て方もあるけど病気とか。
突然死だってあるし、悪い事を考えてしまうのは性格です。

大事にしたいです。
めっちゃ大事に育てます。

 

色々終わったけど色々始まりました!!

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク