自己紹介

icon

皆さま初めまして!
オタクブロガー〝こぼれ〟と申します(`・ω・´)

本名とは何の関係もありません(´・д・`)

では何故〝こぼれ〟なのかというと――

巨乳がコンプレックスで長年小さい下着をつけていたからです(爆)

 

当然、乳はこぼれます(´・д・`)

 

ついたあだ名が〝こぼれ〟

変態です。どうぞ罵ってくださいハァハァ

あ、世の女性陣諸君。下着は大事です。垂れるぞ。

 

高知県在住の20代。
妊娠30週目の妊婦であり専業主婦でございます(2016/4/17現在)
先月末まで会社勤め(臨時非常勤)をしていたのですが、
年度末でキリが良かったことから退職して今は専業主婦をしています。

大学を卒業してすぐに縁あり働き始め、そのまま結婚・妊娠と経験し、
目まぐるしかった生活から一転、時間の有り余る生活をすることとなりました。

 

オタク活動やりたい放題!!!

 

と――そんな私がどうしてこのブログを運営していこうと思ったのか(´・д・`)
それを少しだけお話していこうと思います。

 

義務教育+高校時代

03

私は生まれてから18年間、高知の嶺北地域という場所で過ごしました。

小学校は全校生徒8人の複式学級で、まさかの女の子一人だけ……
中学校も全校生徒22人。
高校は少し人数が増えましたが、それでも全校119人、
一学年2クラスという田舎を絵に描いた学生生活を送ってきました。

と、読んで頂いたように思い出がほぼない(´・ω・`)

田舎には娯楽がないんです!!
でも不思議とこの地域が嫌いじゃなくて、
むしろ好きだったんだから不思議なものだ(・д・`)

小学校でアニオタを拗らせ、中学校ではホモに目覚め、
高校では広く浅く時々深淵みたいなオタク時代を過ごしましたとさ。

(´;ω;`)ブワァ…!

 

大学は東京へ

09

 

オタク活動がしたかった

 

ごめんなさい。さすがに冗談です。

取りたい資格があって、やりたい勉強があって、
選んだらたまたま東京の大学だっただけです。

もちろん一人暮らしを始めたのですが、一人になってからこそ母親の有難みが分かりますねぇ…

掃除に料理に洗濯、慣れない土地で慣れないことをしながら、
大学では新しい勉強が始まり新しい人間関係も始まります。
あっという間に私の脆い精神は崩壊しました(笑)
見知らぬ土地に慣れない家事炊事。
分からないことだらけだった私を支えてくれたのはインターネットです^^;

1年目は友達できませんでした。
何を思ったのか一人で富士急に行きました。

今でもアホだなって思ってます(・ω・`)

 

2年生の時、オタク学会というサークルに入りました。

 

これがすげー楽しかった

 

友達もできたし、何だかんだ恋人ができたり。

あぁでも一番楽しかった思い出は麻雀かな。

むしろ麻雀してた記憶しかない。

 

20歳の時、病気が発覚する

04

20歳の時、生理不順が治らないなぁと不安になるように(・ω・`)

昔から酷かったんですよね。生理不順。
生理が3週間続くとか、終わって1週間でくるとか…
幸い生理痛はなかったんですけど、そういうのが酷かったです。

それ故、当時の彼氏(現旦那)と相談して病院に――

結果、婦人科系の疾患が見つかり、
このままでは将来妊娠できないかもしれないということで、
ホルモン治療を行うことになりました。

大学を卒業する頃――体重は38kg増えていました。

38kgって小学生一人分くらいの重さです。

いやもうほんと酷い。

「太る人が多いです」って病院の先生には言われていましたが、
それにしても酷い。

増える体重に嫌気が差しながら、
3年生に上がってゼミがあったり就活したりでストレスもMAX。

 

いやーあの頃の精神状態やばかった!

 

もうあんまり思い出せないですけど、
大学生活最後の1年半くらいは、結構荒れてたなぁって思います。

 

就職、結婚……

05

課題、就活、恋人と将来の話し合い。

恋人は生まれも育ちも神奈川で、私は高知。
私が東京に残るか、それとも恋人が高知に付いてくるか、長い間話し合いも行いました。

大学4年の終わりでは頭がパンク気味でしたね!

結局、私は高知県へ帰ってきました。
地元が好きだったということもありますが、
婦人科系疾患を治療するのに実母の協力を仰ぎたかったというのもあります。

あと純粋に都会が合わなかったのもあるw

恋人は有難いことに付いてきてくれました。
さすがに田舎の方へまでは帰りませんでしたが、
お互い市内で新しい生活をスタートさせました。

高知へ帰ってくるのも卒業ギリギリで決めたため、
私も恋人も正職が決まらず非常勤として働くことに。

 

いずれ結婚とは考えていましたが、
これが案外早く訪れたのは私の病気のせいです。

大学時代に見つかった婦人科系疾患。
卵巣が悪かったのですが、この時点で自然妊娠はできないと申告を受けたのです。

もう絶望でした。

その夜めっちゃ色々食べました(笑)

私は婦人科から生殖科へと移されました。
文字通り生殖機能の治療を行う科です。

 

不妊治療

 

年を取れば取るほど、治療は厳しくなります。
おかげでかなり焦って私たちは結婚しました。

私、23歳。
夫、24歳

社会人1年目と2年目ですwww

厳しい結婚生活でした。

 

そして今――

06

ホルモン治療を含め不妊治療を初めて約4年。
数度目の人工授精で、私はようやく妊娠することができました。
周りが妊娠し、出産するのを見続けながら、正直「やっとか」と思ったほどです。

大事に育てなければと思いました。

でもいざ妊娠すると喜びより不安の方が多く、
初期の頃は流産に怯え、安定期に入ってからも早産に怯える生活。

途中で妊娠糖尿病と診断され更に増す不安……
入院する時、出産する時、生まれてからの子育て、

ううんそれよりもまずベビー用品を揃えなきゃ……

 

あ、お金ない。

 

2016年3月で退職は免れなかったので、かなり厳しいw

助成金とか出産一時金、児童手当とかどうするの?
っていうかベビー用品種類多過ぎじゃね!?

 

大 混 乱

 

現在進行形で軽いパニックを起こしています(笑)

でも調べて、考えて、やるしかない。
今この瞬間にも時間は進んでいるし、お腹の子は生きています。

私は有り余る時間を使って、このブログを起ち上げようと思いました。
タイトルは「こぼれうた」(´∀`)

 

今度は乳じゃなくて情報をこぼします(`・ω・´)キリッ

 

悩みがありました。
分からないことがありました。

例えば女性永遠の悩みである〝ダイエット〟や辛かった〝不妊治療〟
〝妊娠〟して不安だったこと、疑問だったこと、パニックを起こした事。

他にも一人暮らしを始めた時、引っ越した時、
結婚する時の結納や顔合わせ、儀式、マナー……

これから起こるであろうお祝いごと。

母親になってからの社会でのマナー。一般常識。子育てのこと。

一杯あります。
分からないことが山ほどあって、何が分からないのか分からないほどに。

このブログでは、私が日常で疑問に思ったことや不安だったこと、
分からなかったことを紹介していきたいと思います!

時々変に暴走する事もあります!

妊娠、出産、子育て、ダイエット、ニュース、イベントなど多彩な情報を一挙展開!
母親として、女性として、人間として、気になる事や役立つ情報をお届けします♪